スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QOLの低下


予約診察をしていても、診療の都合で2時間待ちはザラ。
ロービーで待っている患者は不満顔だらけです。

やっと診察の順番が来て診てもらった結果、昨日の血液検査のデータは
想像以上に悪いし、挫創様皮疹が頭部に出ているのと、爪囲炎(ソウイエン)や
皮膚乾燥といった皮膚障害が出て、続けるとますます皮膚障害が悪化する
ため、年末年始の休診期間を考慮して、分子標的薬は11月25日以来中断に
なったまま。急遽、来週にCTを撮ることになってしまった。

主治医からは、こういう健康状態になっても、よくがんばっていると言われても、
「自分を病気にしたのは自分だから、自分で病気を治す」という気持ちで、
がんばってはいるけれど・・・。

もう直ぐ発症して丸3年。長いトンネルに入り、出口の明かりが見えません。
病院を出ると空も、心も、曇天で暗い。痛み止めなどの薬が処方され、気持ちも
だんだんと凹み気味になってきています。


御所・町屋

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 瞬間(とき)の風景 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。